70773310_902052113521379_457488796699590

開張足

開張足
a48c58199fb17eec9b61399bced6c891_s.jpg

このような症状でお困りではないですか?

  • 散歩中など歩くと痛い

  • 朝起きて立ち上がった時に痛い

  • シップをしても痛みが引かない

このような症状が出ている場合、開張足の可能性があります。

当院では開張足の症状で悩んでいる数多くの人が良化していく実績があります。もしあなたが開張足でお悩みでしたらぜひ一度当院までお越しください。

開張足の原因って?

開張足の原因は、足の筋肉が衰えて足の3本アーチが下がることで生じます。特に横アーチの下がりが激しい時におこりやすい病状です。

足の裏にあるアーチの周りの筋肉が弱くなり足骨のアーチの形が下がることで足前方の横アーチも下がって平らになっている状態です。その結果、足の横幅が広くなって本来の横アーチのクッション機能がなくなり、足の裏に痛みが生じる場合と足の外側が靴と擦れ合い痛みが生じる場合もあります。

826650-640x514.jpg
一般的な治療法

テーピング法は、アーチの崩れを防ぐために有効です。

足の親指と小指のつけ根を引き締めるように巻きます。

こうすることで、落ちた横アーチを補正する効果がありますが、根本的な解決をするようなものではないのです。

ながまつ整骨院のアプローチ
  1. 写真を撮り原因追求

  2. 下肢バランス確認

  3. 骨盤矯正

  4. 下肢周りの筋肉施術

  5. 必要であればテーピングなどの処置

当院の施術は、根本原因にアプローチしながら、予防から再発防止までしっかりフォローしていきます。もしあなたが開張足の痛みでお困りならぜひ一度当院へお越しください。

当院からホームページだけの特別特典のご案内です。